スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 生後17日目

うちの子が生まれて17日がたちました。
生まれてばかりの頃はふにゃふにゃだったけど、最近かなりドッシリとしてきた感じがあります。
出生時に3485グラムだった体重は1週間後には3200グラムまで減りましたが、
生後12日には3700グラムにまで増えてました。
この調子だと、今頃は4000グラムに達している可能性もあるかも!?

今週からダンナが仕事に戻ったので母子2人きりの生活が始まりました。
でも、家事などは彼が帰宅したらやってくれるということなので、
その言葉に甘えて私は子供の面倒のみに集中することができてます。

今はとにかく、「おむつ替え→授乳→寝かせる」の繰り返しの毎日。
幸いなことに、息子は授乳が済むとコテッと寝てくれ、そのまま3時間ぐらい起きません。
なので、夜中の授乳も2度ほどで済み、私たちも十分に睡眠が取れてます。
ただ、2~3日前から、夕飯ぐらいの時間帯に寝てくれないことがあるのですが、
愚図るというよりはただ単に眠くない様子で、
バウンサーに乗せてあげると目をパッチリあけて静かに座っています。
それまでは授乳とおむつ替えの時間以外はずーっと寝ていたので、
こうして起きている時間ができたというのは成長の証かなーと思います。

そんなわけで、意外と順調に進んでいると思われる子育てですが、
息子が生まれてからこれまで、母乳に関して色々と悩みがつきない毎日でした。
というのも、新米ママにはよくあることなのでしょうが、乳首痛がひどくて・・・(涙)
最初の1週間ほどは、それこそナイフで刺されるような鋭い痛みで、
授乳の時間が来るのが怖くて、泣きながら授乳していました。
ミッドワイフに相談しても、くわえさせ方が悪いのが原因なのだから
正しくくわえさせられるまで何度でもやり直しなさい、と言われるばかりで。
でも、母も子も、お互いに慣れていないから中々うまく行かないんですよね。
とにかく痛みがひどくて、母乳をやめようか真剣に悩みましたが、
ニップルクリームやニップルシールドなどを使用しながら頑張り、
ここ2~3日は痛みがものすごく少なくなり、かなり快適になりました!
授乳って、ママとベビーの二人三脚なんですね。
私も少しずつ授乳のコツが分かってきたけど、息子も飲むのが大分上手になったと思います。

今週末はダンナのお父さんの住むウェールズに3泊4日で行ってきます。
お父さんは実母の介護をしているので、そう簡単にはロンドンに来れないのです。
あまり時間がたたないうちに孫の顔を見せてあげたいので、今回行くことになりました。
新生児を連れての長旅(車で4~5時間かかります)で色々と不安もありますが、
サービスエリアでこまめに休憩しておむつ替え&授乳して乗り切るつもりです。
頑張るぞー!!



01:52 | 0ヶ月
comment(5)     trackback(0)

 出産報告★

前回のアップから少し時間が空いてしまいましたが、
1月9日(土)、午後4時13分、無事に出産しました。
3485グラム、53センチの元気な男の子です!

1月7日(木)の早朝2時半の破水から始まった出産。
陣痛さえ始まればそんなにかからずに生まれてくれるだろうと思っていた私が甘かった。。。
木曜は一日中弱い陣痛があったものの全く規則的にならず、
金曜日のお昼から入院して陣痛促進剤を使用することに。
しかし!促進剤を使っても進行がかなり遅く、子宮口全開になったのはなんと土曜のお昼頃。。。
その後1時間ほどプッシュするが全く出てくる気配なし。
どうやら、母体があまりにも疲れてきているために、
子宮口が7~8センチに後退しているらしいことが判明。
結局、「帝王切開しかない」とお医者さんに判断され、
すでにエピデュラルが効いていたので、そのまま手術室へGO。
30分ほどして元気な息子が誕生しました。

「案ずるより生むが易し」とよくいいますが、
私の場合は、案じなさすぎて現実は厳しかった・・・という感じでしょうか(汗)

このような感じで、恐らく「難産」と立派に呼べる出産でしたが、
不思議と自分の中ではトラウマになっていません。
というか、「こんなもんならあと2人は産めるなぁ」という気持ちです。
時間がかかったことによる疲労感はつらかったですが、
痛い思いというのはあまりしなくて済んだからだと思います。
陣痛の痛みが本当につらかったのは、
陣痛促進剤が効き始めてから麻酔師がエピデュラルを投与するまでの2時間だけです。
その後は陣痛からは解放されたし、帝王切開の後も薬がよく効いていたので
術後の苦痛は一切味わいませんでした。

その後は4人部屋の病棟に移されて、
ミッドワイフが色々と面倒を見てくれました。
翌日には尿道のカテーテルも取れて身動きが取れるようになり
シャワーも浴びてすっきりしてかなり元気に。
そしてその翌日には退院。
そう、帝王切開でもたったの2泊(さすがNHS!)。
でも翌日からミッドワイフが自宅に訪問してくれたので心配はありませんでした。
やぱり自宅のほうがゆっくりできるので早く退院できてよかったです。

改めて考えてみると、妊娠発覚から出産、そして出産後のケアまで、
すべて無料なNHSというシステムはすごいと思います。
私個人はこれまで受けたケアに対して全く不満はありません。
もちろん、日本などで受けられるケアと比べたら劣るかもしれませんが、
私は日本で出産した経験もなく比べる対象がないので、
NHSのケアでも十分満足でした。

息子が生まれて12日。
何もかもが初めてでとまどう事も沢山ありますが、
ダンナと2人で力を合わせてなんとか頑張ってます。
1日1日を大切に、息子と一緒に親としても成長していけたらと思ってます。

とにかく今は、無事に生まれてきてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいです。


DSC_0107_convert_20100121175852.jpg








17:53 | 0ヶ月
comment(6)     trackback(0)

 とうとうその時がやってきたようです

40W5D

今朝(1月7日木曜)の3時ごろのことですが、ふと目が覚めると何かが漏れた感じがして、
最初はおりものかと思ったのですがどうやら破水した模様。
陣痛は一切ありませんでしたが、病院に連絡するととりあえず来るように言われたので、
病院バッグの最終確認をしてシャワーを浴びて病院に向かいました。

昨日は大雪だったので外は沢山雪が積もっている上、
-5度のすごい冷え込みのお陰で道路はアイススケート場のようにツルツル。
ものすごいノロノロ運転で病院へと向かうはめになりました(汗)

病院へ着いてからは、胎児の心音のモニター、尿検査、羊水のチェックなどを行いました。
胎児のモニターの際には私の子宮の状態も一緒にモニターしたのですが、
ほぼ5分おきに規則的な張りが来ていました。
ただ痛みがまったくないのでブラクストンヒックス(前駆陣痛?)でしょう、とのことで、
まだ出産が始まったと言える状態ではないとのこと。
諸々の検査もすべて問題なかったので、いったん家に帰って様子をみることになりました。
90%ぐらいの確率で24時間以内に自然に出産が始まるだろうとのことですが、
万が一始まらない場合は金曜の朝に入院して陣痛誘発剤で陣痛を起こして出産することに。

なんだかんだで家に着いたのが今朝の9時ごろ。
まだまだ破水は続いていましたが、昨晩ほとんど寝ていないので
とりあえず寝て体力を蓄えようとベッドに行ったのが9時半頃。
その頃から生理痛のような痛みが始まり、とりあえず2時間ほどは眠りましたが、
興奮しているせいかそれ以上は眠れませんでした。
生理痛のような痛みは現在15分に1回ぐらいの頻度で来ていますが、
まだまだ全然耐えられる痛みです。
恐らくこれからどんどん痛くなるのでしょうが、とりあえずできるだけ長く家で頑張ります。
今夜ぐらいには5分間隔になってくれればいいのですが。。。
(それまでは入院できないのです)

明日の今頃はどうなっているのか、楽しみです!
うまくいえば我が子に対面できている頃かもしれませんね。
今すごく、ドキドキしています。

次の更新は嬉しいニュースとなることを願って。。。
23:07 | 妊婦時代
comment(3)     trackback(0)

 予定日です

40W0D

明けましておめでとうございます★

ついに予定日となってしまいました!
でもって、赤ちゃんが出てくる気配はまったくなしです。
きっと私のノンビリした性格をそのまま受け継いでいる子なのかも、ですね。

ちなみに、2日前に検診を受けてきたのですが、
そのときに血圧がなんと139まで上がってしまい、
少量ですが蛋白も検出されたこともあり、検査のため病院送りとなってしまいました!
(いつもはだいたい上が110~120ぐらいなのですが)

10分おきの血圧測定を50分かけて5回行い、
あわせて血液検査も行いました。
血圧は結局115ぐらいまで落ち着き、血液検査も問題なかったので、
妊娠中毒症の可能性はないだろうということで家に帰ることができました。
結果次第ではそのまま陣痛促進剤で出産になっていたかも、なので、
何事もなくてよかったです。。。

次の検診は来週の木曜日(その頃は40W5Dになります)で、
それまでに生まれていなければSweepを行うそうです。
Sweepとは、子宮口をまぁるくなぞって刺激を与え柔らかくする処置で、
およそ70%の人がこの処置の後48時間以内に産気づくそうです。
なので、恐らく来週末までには出産となるのではないかと、期待しています。

ちなみに、ここ2~3日、
それまでにくらべてよく眠れるようになりました。
トイレに起きてもまたすぐ眠れるし、8時ぐらいまでトイレに起きないことも。。。
このまま出産まで辿り着けばいいなぁ、と願ってます。

そのかわり、今悩んでいるのが、朝起きたときの指の痛みです。
むくみもひどいですが、朝は指が痛くてほとんど曲げることができません。
ミッドワイフの話によると、これはCarpal tunnel syndrome(手根管症候群)といって、
妊娠中はよく起こることらしく、出産すれば治るんだそうです。
ちなみに朝起きたときだけじゃなく、昼寝から起きてもなります。
ほんと、妊娠中って色々不思議なことが起こるんですね。。。

さあ、来週には赤ちゃんに会えることを祈って、
残り少ない妊婦生活を楽しむぞー!



03:38 | 妊婦時代
comment(4)     trackback(0)

 このまま年超しとなりそうな予感...

39W2D

ついに、予定日まで1週間を切ってしまいました~

もうこのぐらいには生まれてるかな~、と37週ぐらいの時は思っていましたが、
もう全然、その気配なし!です。

お腹は結構張るけど、定期的だったり痛みが伴ったりするわけではなく、
足の付け根、骨盤へのプレッシャーで赤ちゃんが下がって来ているのが分かる以外は、
分娩が近い気配はまったく感じられません。
おしるしもまったくないですしね。。。
唯一、夜中のトイレの後で下腹部に軽い生理痛みたいのを感じますが、
だからってもうすぐ出産、、、とは限らないみたいですしね。

体のマイナートラブルは相変わらず。
胸焼けは今はなくなったのですが、不眠症がひどくなってます。
最近のパターンは、
朝の5時半に目が覚める→トイレに行く→眠れなくなり起きる
で、午前中(大抵10時~12時)に二度寝をすることでなんとかやってますが、
妊娠するまで「眠れない」ということを経験したことがなかった私には
眠れなくて右向いたり左向いたり悶々と過ごすのがかなりキツいです。
しかもこの体なので、もうどの姿勢をとってもアチコチ痛みますし(涙)
ちょっと夜が来るのが怖い今日このごろです。。。

もう本当に、何度言ったか分からないけど、
早く産んでスッキリしたいです~
でも、ミッドワイフの話によると、初産の場合65%近くの人が予定日超過だそうです。
なので、ある意味、39週の今、毎日ドキドキと期待しているよりも、
40週目にでも生まれて来てくれればラッキーぐらいに思ってたほうがいいかもですね。
陣痛促進剤はできるだけ使いたくないので、予定日後、2週間以内には出てきて欲しいです。

街では、ボクシングデイ(26日)からセールが始まっていて大賑わいです。
沢山歩くいいチャンスなので、ショッピングにも行こうかと思います。
また今週後半から寒くなって雪が降ってくるらしいので、
今のうちに色々と動いておかなくては、と思っています。
20:49 | 妊婦時代
comment(14)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。