スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 実感が沸いてきたかも

7w2d
体調:概ね良し。胸がすごく張っている。
-----

イギリスで妊娠生活を送るための手続きが、
早くも着々と進んでいて、
このまえの心拍確認も手伝って、
自分が妊娠したんだっていう実感がやっと沸いてきました!

■ 12週のスキャン&血液検査

イギリスでは問題がない限りスキャンは12週と20週の2回だけ。
12週のスキャンはDating Scan と呼ばれていて、
胎児の大きさを見て出産予定日の調整などをします。
私の場合、先日病院からお知らせがあり、
スキャンは12週1日目となる6月24日に決定しました。
また、スキャンに先駆けて、6月19日に血液検査もするそうです。
これはダウン症のスクリーニングの一環だということ。

■ ミッドワイフとの顔合わせ&第1回検診

イギリスで妊娠した場合、基本的に病院の産婦人科にお世話になることはなく、
妊娠中のケアや検診はすべてミッドワイフ(助産婦さん)が行います。
(スキャンのみ、病院で行います)
地域によって違うみたいですが、うちの場合は
ミッドワイフが家まで来てくれます(ありがたい!)。
第1回目の検診では、血圧や身長・体重のチェックのほかにも、
かなり色々聞かれるみたいです(両方の家系の病歴とか)。
私の場合、昨日ミッドワイフから手紙が来て、
最初の訪問は9週2日となる6月4日になりました。

ちなみに、イギリスは妊娠・出産に関する全てが無料です!
勿論その分、待遇とかは日本に比べて良くないみたいですけど、
日ごろから高い税金を払ってる身分としては嬉しいです。

それにしても、12週のスキャンって、あと5週もあるんですよね・・・
人間らしい姿をしたわが子と再開するのが待ち遠しいです!

スポンサーサイト
00:23 | 妊婦時代
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://cloudylondon.blog77.fc2.com/tb.php/15-491c6238
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。