スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 わたしのBean

昨日、ドキドキする気持ちを抱えながら、
スキャンを受けにNHSの病院にいってきました。

前回、流産の宣告を受けた場所でもあるので、
ただでさえナーバスなのにより一層怖くなりましたが、
夫の手を握って番を待ちました。

先生に呼ばれて、
前回の生理がいつだったか、とか、検査薬で陽性が出たのはいつ、など
基本的な質問を受けたあとでスキャンの部屋へ。
「プローブを入れたあと、しばらくあちこち見回してから
声を掛けますから、少し待っててくださいね」と先生。
その待ち時間が、どれだけ長く感じられたことか!
何故かわからないけど、頭の中で
私が3才のときに亡くなったおじいちゃんの顔を思い出していました。

そして数秒後。
先生がモニターをこちらに向けて言ってくれました。
「はーい、ここにいるのがあなたの赤ちゃんですよ。
このピコピコしてるのが心臓です。
すべて順調ですね。全然問題ありませんよ」

画面には、楕円形の胎嚢と
その中に小さな豆のような形をした赤ちゃんが映っていました!
その途端、安堵の気持ちで一杯になって、
もうただただ嬉しくて、涙さえ出ませんでした。
夫も、嬉しそうに、私の手をぎゅっと握ってくれました。

妊娠が分かってからの3週間、
ずっと肩に乗っていた重荷がすーっと軽くなった気がします。
心拍確認できてもまだまだ12週ぐらいまでは
安心できないのは確かだけど、
これからは少し妊娠を楽しめるような気がします。

ちなみに、相変わらずこれといったツワリの症状がありません。
これも今までは心配材料でしかなかったけど、
今は、これはうちの子が親孝行だからだわ、って思えます^^




スポンサーサイト
22:33 | 妊婦時代
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://cloudylondon.blog77.fc2.com/tb.php/14-07f0476f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。