スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 生後17日目

うちの子が生まれて17日がたちました。
生まれてばかりの頃はふにゃふにゃだったけど、最近かなりドッシリとしてきた感じがあります。
出生時に3485グラムだった体重は1週間後には3200グラムまで減りましたが、
生後12日には3700グラムにまで増えてました。
この調子だと、今頃は4000グラムに達している可能性もあるかも!?

今週からダンナが仕事に戻ったので母子2人きりの生活が始まりました。
でも、家事などは彼が帰宅したらやってくれるということなので、
その言葉に甘えて私は子供の面倒のみに集中することができてます。

今はとにかく、「おむつ替え→授乳→寝かせる」の繰り返しの毎日。
幸いなことに、息子は授乳が済むとコテッと寝てくれ、そのまま3時間ぐらい起きません。
なので、夜中の授乳も2度ほどで済み、私たちも十分に睡眠が取れてます。
ただ、2~3日前から、夕飯ぐらいの時間帯に寝てくれないことがあるのですが、
愚図るというよりはただ単に眠くない様子で、
バウンサーに乗せてあげると目をパッチリあけて静かに座っています。
それまでは授乳とおむつ替えの時間以外はずーっと寝ていたので、
こうして起きている時間ができたというのは成長の証かなーと思います。

そんなわけで、意外と順調に進んでいると思われる子育てですが、
息子が生まれてからこれまで、母乳に関して色々と悩みがつきない毎日でした。
というのも、新米ママにはよくあることなのでしょうが、乳首痛がひどくて・・・(涙)
最初の1週間ほどは、それこそナイフで刺されるような鋭い痛みで、
授乳の時間が来るのが怖くて、泣きながら授乳していました。
ミッドワイフに相談しても、くわえさせ方が悪いのが原因なのだから
正しくくわえさせられるまで何度でもやり直しなさい、と言われるばかりで。
でも、母も子も、お互いに慣れていないから中々うまく行かないんですよね。
とにかく痛みがひどくて、母乳をやめようか真剣に悩みましたが、
ニップルクリームやニップルシールドなどを使用しながら頑張り、
ここ2~3日は痛みがものすごく少なくなり、かなり快適になりました!
授乳って、ママとベビーの二人三脚なんですね。
私も少しずつ授乳のコツが分かってきたけど、息子も飲むのが大分上手になったと思います。

今週末はダンナのお父さんの住むウェールズに3泊4日で行ってきます。
お父さんは実母の介護をしているので、そう簡単にはロンドンに来れないのです。
あまり時間がたたないうちに孫の顔を見せてあげたいので、今回行くことになりました。
新生児を連れての長旅(車で4~5時間かかります)で色々と不安もありますが、
サービスエリアでこまめに休憩しておむつ替え&授乳して乗り切るつもりです。
頑張るぞー!!



スポンサーサイト
01:52 | 0ヶ月
comment(5)     trackback(0)

 出産報告★

前回のアップから少し時間が空いてしまいましたが、
1月9日(土)、午後4時13分、無事に出産しました。
3485グラム、53センチの元気な男の子です!

1月7日(木)の早朝2時半の破水から始まった出産。
陣痛さえ始まればそんなにかからずに生まれてくれるだろうと思っていた私が甘かった。。。
木曜は一日中弱い陣痛があったものの全く規則的にならず、
金曜日のお昼から入院して陣痛促進剤を使用することに。
しかし!促進剤を使っても進行がかなり遅く、子宮口全開になったのはなんと土曜のお昼頃。。。
その後1時間ほどプッシュするが全く出てくる気配なし。
どうやら、母体があまりにも疲れてきているために、
子宮口が7~8センチに後退しているらしいことが判明。
結局、「帝王切開しかない」とお医者さんに判断され、
すでにエピデュラルが効いていたので、そのまま手術室へGO。
30分ほどして元気な息子が誕生しました。

「案ずるより生むが易し」とよくいいますが、
私の場合は、案じなさすぎて現実は厳しかった・・・という感じでしょうか(汗)

このような感じで、恐らく「難産」と立派に呼べる出産でしたが、
不思議と自分の中ではトラウマになっていません。
というか、「こんなもんならあと2人は産めるなぁ」という気持ちです。
時間がかかったことによる疲労感はつらかったですが、
痛い思いというのはあまりしなくて済んだからだと思います。
陣痛の痛みが本当につらかったのは、
陣痛促進剤が効き始めてから麻酔師がエピデュラルを投与するまでの2時間だけです。
その後は陣痛からは解放されたし、帝王切開の後も薬がよく効いていたので
術後の苦痛は一切味わいませんでした。

その後は4人部屋の病棟に移されて、
ミッドワイフが色々と面倒を見てくれました。
翌日には尿道のカテーテルも取れて身動きが取れるようになり
シャワーも浴びてすっきりしてかなり元気に。
そしてその翌日には退院。
そう、帝王切開でもたったの2泊(さすがNHS!)。
でも翌日からミッドワイフが自宅に訪問してくれたので心配はありませんでした。
やぱり自宅のほうがゆっくりできるので早く退院できてよかったです。

改めて考えてみると、妊娠発覚から出産、そして出産後のケアまで、
すべて無料なNHSというシステムはすごいと思います。
私個人はこれまで受けたケアに対して全く不満はありません。
もちろん、日本などで受けられるケアと比べたら劣るかもしれませんが、
私は日本で出産した経験もなく比べる対象がないので、
NHSのケアでも十分満足でした。

息子が生まれて12日。
何もかもが初めてでとまどう事も沢山ありますが、
ダンナと2人で力を合わせてなんとか頑張ってます。
1日1日を大切に、息子と一緒に親としても成長していけたらと思ってます。

とにかく今は、無事に生まれてきてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいです。


DSC_0107_convert_20100121175852.jpg








17:53 | 0ヶ月
comment(6)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。